ネットショップで商品を見ていると欲しいものがいっぱいありますよね。。だからと言って買ってしまったら今月の生活費が。。
なんて人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな時は超高収入求人のJページでアルバイトを探してみて下さい。
時給1万円なんて仕事もすぐ見つかると思います!
他の獣人サイトでは中々見られない求人情報もありますので見て下さい。

従来のクーポンは実店舗が割引券をネットを使って告知するだけでした。

例えば、黒和牛しゃぶしゃぶ 6000円のところ クーポンで 3800円 とか

それをプリントアウトして店に持ってったりしてました。

この、ネット型クーポン リテイルミーノットは

ネットで販売している商品に クーポンが付けられる仕組みです。

使い方は簡単で 欲しい商品があれば google などで

サイト名 クーポン と検索するか

リテイルミーノットのサイト内で商品名で検索します。

商品にクーポンがあれば、クーポンコードが表示していますから

そこから、販売サイトに行って クーポンコードを入力すれば

ソフトだろーが本だろーが、クーポンに表示している割引をしてくれます。

海外のネットショップでは既に当たり前に使われてるサービスです。

これ、すごいサービスなんだけどね、

なんで日本で始めないのかな?

不思議です。

リテイルミーノットのクローンスクリプトを作りました。

クーポネーター

価格は$1000です。たった8万円でネット型クーポンサイトを立ち上げることができます。

Agriya製品の日本語版ローカライズをしています。

ご興味があれば、ご連絡下さい。

Rtail Me Not
ネット型クーポンサービス
とほほ日記
血糖値が上がってしまって、口角が切れてしまった。ご飯食べるの控えなきゃ、、、

世界のウェブサイトをお手本にしてインドの開発に実際に携わっていると
日本はほんとに遅れているなと感じます。

AjaxやほとんどのSNSに連携など当たり前、マルチランゲージも当たり前
完全なオブジェクト指向でプラットフォームが決まっているから開発もはやく、それに安い

しかし、日本の場合は仕様書に何カ月もかけて、構築は一か月とか
それで出来あがったのは、 ちがうとか 仕様変更とかで
やれ 裁判だ 金返せ ばかり

大企業もそう、まずエンジニアの権限が弱いし、
サイトを自体を理解していない上司がいれば、説得するだけで多くの時間がかかってしまう。

日本からGoogleやYouTubeがなぜ生まれないかというと日本社会では失敗が許されないからで企業では失敗すれば出世することができなくなりますし、銀行も一度失敗した企業家にはお金を貸したがらない!

私の知人でも某大手大企業でデジタルサイネージ事業やってるけど
赤字が180億以上、、、どうやったら優秀な人たちでやっててこんなことになんだろ?

直、うちの商品で事業経ちあげたら 60万もの事業が出来ちゃう

世界の波はリーンスタートアップです。

いけそうなサービスを思いついたら必要最小限の機能のみを実装してできるだけ早く公開して
当初のサイトサービスはバグだらけでもスピード重視でリリースし、課金もします。

そんなことをしたらクレーム殺到でビジネスがだめになると思いがちですが、
日本人が好きな 完全完璧を求めるより、

存在すら知られていないサービスにとっては気にすることはないのです。

頻繁に修理して、客が求める機能追加をやっていけばいい、
それが、本来のサービスです。

読んでわからない仕様書つくるより、開発しながら客の意見を聞いて
走りながらビジネスをやっていく

結局 どんな大企業でもみんな創業は同じだった

THNK BIG STERT SMALL DO IT FIRST!

リーンスタートビジネスモデルの紹介です!

リテイルミーノット

 

実店舗ではない、ネット上のクーポンサイト3人で立ち上げて 現在推定利益は

なんと 9ケタ以上 (うん億円)

それでうちが作ったのはこれ

デモアカウントは読者登録して頂ければ発行します。